デザインの社会への一層の浸透をめざして

石川県では、昭和40年代からデザインの重要性が提唱され、石川県、金沢市、金沢商工会議所、石川県工業試験場が連携し、デザイン振興事業を実施してきました。こうしたデザイン振興事業の成果を踏まえ、大阪府、愛知県に次ぎ、昭和59年に財団法人石川県デザインセンターが設立されました。

当センターは、県民各層のデザインマインドの高揚と産業界のデザイン導入の促進に向け、商品開発支援や販路開拓支援、人材育成事業の展開、デザインに係わる相談等、さまざまなデザイン振興事業を総合的に推進しています。

さらに、デザインによる国際化の進展と産業の高度化、地域の活性化に向け、「国際ガラス展・金沢」、「国際漆展・石川」をトリエンナーレ形式で開催するほか、県民、企業、行政等のデザインに対する理解の促進やデザインに関する新たなビジネスチャンスの創出に向け、石川県デザイン展を毎年開催しています。

JSH03RGB

石川県庁舎に隣接し、工業試験場はじめ、40を超える主要経済関係団体が集積する「産業振興ゾーン」内にある石川県地場産業振興センター 新館
組織名 公益財団法人 石川県デザインセンター(英表記:Design Center Ishikawa)
所在地 石川県金沢市鞍月2丁目20番地 石川県地場産業振興センター新館4階
> 交通アクセスはコチラ
設 立 昭和59年8月31日 (平成25年4月1日財団法人から公益財団法人へ移行)
資本金 11,000千円
事業概要 [デザインを活用した事業支援]
新商品開発 / 販路開拓 / 人材育成 / 指導相談 ほか
[展覧会、展示会の企画運営]
国際ガラス展・金沢 / 国際漆展・石川 / 石川デザイン展 ほか
> 詳細な事業概要はコチラ
組 織 理事長
副理事長
専務理事
理事
監事
評議員
中島秀雄
大場吉美 / 川本敦久 / 山本洋志
荒川隆男
14名
2名
15名
事務局 事務局長
事務局次長
チーフディレクター
主任
臨時職員
臨時職員
志甫雅人
山本重則
谷口昌子
後藤直美
森下絵里加
田中智恵
> 事務局スタッフの紹介はコチラ