THE INTERNATIONAL EXHIBITION OF GLASS KANAZAWA 2010 Application Deadline: March 8 (Mon.), 2010国際ガラス展・金沢2010 会期/2010年(平成22年)8月26日(木)〜8月31日(火) 6日間(予定)

ダウンロード Download

2010 応募要項 ENTRY INFORMATION
日本語 ENGLISH

国際ガラス展・金沢2010

応募申込締切は、2010年3月8日(月)
応募要項は、「応募要項希望」と記入の上、「必要な部数」と「郵便番号、住所、氏名、電話番号」を明記して、郵便かFAX、eメールで事務局までご請求ください。

THE INTERNATIONAL EXHIBITION OF GLASS KANAZAWA 2010

Application Deadline:
March 8 (Mon.), 2010
Requests for application form must be made by mail, e-mail or fax, containing the number of copies needed, your name, telephone number, address and country, with the subject "Send me the application form".

メールフォーム FAX 076-267-5242 +80-76-267-5242

SECTION セクション BODKER,Lene ボトカー、レネ

2007 大賞 2007 Grand Prize

Layers of Light -MOON- レイヤーズ オブ ライト ムーン 小島 有香子 KOJIMA, Yukako

2007 第10回展記念特別賞
2007 The 10th Memorial Event Special Prize

SECTION セクション BODKER,Lene ボトカー、レネ

2007 金賞 2007 Gold Prize

趣旨

 本展は、世界唯一のガラスの国際公募展として1984年(昭和59年)にはじまり、今回、第11回展を迎えることとなり ました。これまで毎回、世界の約40カ国から数多くの素晴らしい作品が寄せられており、「世界のガラス・シーンの今を展 望する」にふさわしい国際的な展示会として評価を得ております。
 金沢は、日本を代表する伝統的都市のひとつとして知られ、四季折々の季節感溢れる豊かな自然環境の中で、漆、やき ものなど数多くの工芸品が作られ、暮らしの中で使われてきました。
 本展は、金沢に「ガラス」という新しい生活文化や産業を育てるとともに、他の工芸や産業分野に対して創造性を触発 していくことも期待して開催してきました。
 開催委員会では、これまでと同様に、暮らしの中のガラスから新しい芸術表現としてのガラスまで、様々な観点からの 取り組みを期待しており、本展の開催を通してガラスの様々な可能性を探っていきたいと考えています。
 多くの皆様方のご出品をお待ちしています。

主催

国際ガラス展・金沢開催委員会
石川県、金沢市、金沢商工会議所、(財)石川県デザインセンター

賞

大 賞副賞 1,000,000円(1点)
金 賞〃   500,000円(1点)
銀 賞〃   200,000円(4点)
奨励賞〃   50,000円(6点)
審査員特別賞〃   30,000円(5点)

展示

イジィ・ハルツバ(ガラス造形家 チェコ)
ヨーン・スコーウ・クリステンセン
(ガラス評論家 デンマーク)
ウィリアム・ダグラス・カールソン
(ガラス造形家 アメリカ)
横山 尚人(ガラス造形家)
武田 厚(多摩美術大学客員教授、美術評論家)

展示

国際ガラス展・金沢2010
<会 期>
2010年(平成22年)8月26日(木)〜8月31日(火) 6日間(予定)
<会 場>
金沢・香林坊大和8階ホール

国際ガラス展・金沢2010能登島展
<会 期>
2010年(平成22年)10月2日(土)〜11月29日(月)(予定)
<会 場>
石川県能登島ガラス美術館

事 務 局

国際ガラス展・金沢開催委員会事務局
〒920-8203 石川県金沢市鞍月2丁目20番地
(財)石川県デザインセンター内
FAX   +076-267-5242
お問い合わせメールフォーム
「国際ガラス展・金沢2007」の概要

Purpose

The International Exhibition of Glass Kanazawa, first established in 1984 as the world’s only international glass exhibition with public call for entry, will have its 11th return in 2010. In each of the past events, the exhibition drew many excellent works from about 40 countries around the world, and it has been highly recognized as “the world showcase of contemporary glass art”.
Kanazawa City is renowned as one of the representative traditional cities in Japan. The city’s blessed natural environment with the fascination of four seasons has nurtured many traditional arts and crafts such as lacquer-ware and ceramics, which have been treasured and utilized as an integral part of the people’s daily lives. Under such circumstances, this exhibition has been repeated for the purpose of breeding in Kanazawa a new culture and an industry utilizing glass, expecting that it will help evoke creativity in other areas of arts/crafts and the existing local industries.
The executive committee hopes that this exhibition will help explore the potential of glass and look forward to receiving wide varieties of excellent glass works as ever, from daily utensils to new artistic expressions. It is our sincere hope that glass-lovers from every corner of the world will participate in this exhibition.

Organizer

The Executive Committee of The International Exhibition Of Glass Kanazawa

Awards

Grand Prize\ 1,000,000
(awarded to 1 work)
Gold Prize\ 500,000
(awarded to 1 work)
Silver Prize\ 200,000
(awarded to 4 works)
Honorable Mention\ 50,000
(awarded to 6 works)
Jurors’ Special Prize\ 30,000
(awarded to 5 works)

Jurors

Jiri Harcuba
(Glass artist, Czech Republic)
Jorgen Schou-Christensen
(Glass critic,, Denmark)
William Douglas Carlson
(Glass artist, U.S.A.)
Naoto Yokoyama
(Glass artist, Japan)
Atsushi Takeda
(Art critic, visiting professor at Tama Art University, Japan)

Exhibition

The International Exhibition of Glass Kanazawa 2010

Period: August 26 (thu.) to 31 (tue.), 2010 (six days, tentative)
Venue: Korinbo Daiwa Department Store, 8th Fl. Exhibition Hall

The International Exhibition of Glass Kanazawa 2010 in Notojima

Period: October 2 (sat.) to November 29 (mon.), 2010(tentative)
Venue: Notojima Glass Art Museum

Secretariat

Secretariat Office of the Executive Committee
The International Exhibition of Glass Kanazawa
c/o Design Center Ishikawa
2-20 Kuratsuki, Kanazawa, Ishikawa 920-8203 JAPAN

FAX : +81-76-267-5242

E-mail :
info@design-ishikawa.jp


Visit the website of Design Center Ishikawa (http://www.design-ishikawa.jp/glass2007_outline/index.html) for the details of the previous exhibition“The International Exhibition of Glass Kanazawa 2007”.

Pagetop